深夜のハナレグミ

この時間のハナレグミが最高すぎてくらいまくり。

深夜って考えてしまうけど、いい音楽があるとなおのこと。

遠くを見すぎて虚勢張って強がって身の回りのこと全然見れてねーしわかってもねーという。

そこをもっともっと見れて大事にできて感謝できて初めて先に行っても揺るがないって言える気がすんだよな。

それなしに先に進んでも虚しいだけなんでしょう。

好きなことをすること。

それを将来に投影することって不安なんだろうなやっぱり。

でもそこはわくわくしてたいな。

小さい頃なんて何も考えずにやりたいことやって好きにするのが当たり前だったのにいつの間にかそんなの普通じゃなくなっちゃう。

それが成長なんだけど。

でも本当に成長できてるやつは周りがしっかり見えて、自分本位じゃなくて、周りに感謝してて、謙虚で。

でも自分のやりたいことやってて。

それがかっけーんだよな多分。

かっこいい大人。

俺の周りにいっぱいいる。

そんなかっけー大人たち。

その人たちはこの歳の頃何を思って何をしてたんだろう?

考え始めると止まらないからこの辺で。

メモ的にブログ書きます。

誰に見せるものでもなく自分が忘れないために。